読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒による新卒になる方へ送る新卒引っ越しの一人暮らしにかかる費用や荷物、手続きなどを載せた新卒引っ越しブログ

新社会人・新卒になる貴方のために 引っ越しの不安を解消し費用を削減するポイントをお伝えします

新卒引っ越し!一人暮らしから一人暮らしにの引っ越し費用体験談!

f:id:itomita:20160519124301j:plain

大学四回生、一人暮らしをしていた私が新卒として京都から名古屋まで引っ越しをした体験談をお話します。

新卒のみなさんにも、新卒ではない皆さんにも、少しでも参考になればと思います。

 

 

新卒!大学生から社会人に!

一人暮らしから一人暮らし!お引っ越しが必要?

 私が新卒として内定を頂いた会社は、名古屋に本社がある会社で、新卒社員は全員が本社での勤務が決まっていました。当時京都に住んでいた私は、新卒という機会に引っ越しをして一人暮らしをしなければなりませんでした。

 

そこで困ったのが荷物量!

 

新卒として働くためのお引っ越し!一人暮らしの荷物量を舐めていた!?

 新卒として働く際の引っ越しと、大学生での引っ越しでは荷物量が全然違います。 

大学生になる際に、一人暮らしをするめ、実家から引っ越しをした時の荷物はダンボールたった4箱。(家電も家具も全て京都で購入しました)

 もちろん引越し業者は使わず、荷物のあまり入らない自家用車(レガシー)にダンボールを乗せ、殆ど身一つの状態で一人暮らしをスタートさせたのです。

 

 それがなんと、いざ引っ越しをしようと荷物を詰めてみたら書籍だけでダンボー12箱になっていました。

 私の通っていた学部は何かと参考書が必要でしたので、本は貯まる貯まる…

 

 友人から貰ったお土産や、ちょこちょこと買い足していた洋服、全てが嵩張ってダンボールに入らないのです。

 

 

新卒を前に、気持ちを一新!

一人暮らしの引っ越しに備えて捨てる勇気を持つ!

 

 荷物が入らない?じゃあダンボールを増やせばいいじゃない!そんな風に感じる方もいらっしゃたかもしれませんが、そうは問屋がおろしません。

 荷物は増えれば増えるほど、引越し費用は高騰するのです!

 新卒での引っ越し。何かと物が入用になってくるのは目に見えているのですから、なんとしてでも費用を安くしたい!

だとするならば、することは一つ、荷物を減らすのみ!

 

 使ってないけど使えそうなもの。買ったけど着ていない服。引っ越しをすると冷蔵庫に入れっぱなしにできず、傷んでしまうような調味料。そういったものは売るよりもまず、全て友人に貰って頂きました。

 

 そして、行く宛もなく、使う見込みのない服や書籍はすべてリサイクルショップに持って行きました。

 

新卒生活には使わない、意外と高く売れる教科書!

 新卒生活では使わない、教科書類は意外と高く売れます。大学で使うような資料は写真が多く、価値の高いものが多いです。ちょと懐かしい漫画や雑誌が10円や5円で引き取られていく中、教科書の平均買い取り価格は300円~500円。

 たかが500円?と思うかもしれませんが、ちりも積もればなんとやら…

最終的にBOOKOFFで総額5,000円以上の買い取り金を頂くことができました。

 教科書なんてもう使わなしな、と捨てがちになるかもしれませんが、ぜひ皆さんも一度は古本屋さんに持って行ってみてくださいね。

 

 ちなみに、洋服はブランドも含め20点ほど売って、240円でした……

 

新卒一人暮らし生活のため、いざ引っ越し会社にお見積り!

 引っ越し後の新卒生活に必要ない荷物も随分減らし、なんとかダンボール15個に収められる程度に収めたところで、引っ越し会社さんにお見積りを頼みました。

 実はお見積りを頼む前の段階でも値段や荷物量について下調べをしていたので、たくさんの会社に見積もりを依頼する、というよりは値段だけ確認してすぐ予約、といった流れでした。

 その時使用したのは下記の予約サイト

hikkoshizamurai.jp

 

 見積もりサイトではないので、見積もりボタンを押したら一斉に何社からも電話がかかってくる!といったこともなく、お願いした業者さんとだけご連絡を取らせて頂くことができます。

 

 ちなみに安いと噂の単身引越しパックですが、

 ベットやタンスなど、大型の荷物があるだけで使えなかったり、使えたとしても通常の引っ越しパックと同じ値段まで引き上げられてしまうので要注意です。

 大型荷物のない方はぜひ、単身パックでお見積りしてみてくださいね!

 

www.nittsu.co.jp

 

 また、個人的におすすめなのはトラックの貸し出しお引越しで、運転手とトラックのみの貸し出しで、荷物の持ち運びは全て依頼者側がすることになります。

 一見手間がかかるように見えますが、通常であれば6万円はかかる引っ越しであっても2万円で済む可能性もあるようなお得な引っ越し方法なんです。

 力自慢の方やそういった友人が多い方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

新卒引っ越しに実際にかかった費用って?一人暮らしの荷物量は?

ここにきてようやく新卒引っ越しでの費用と荷物量ですね。大変お待たせしました!

私が新卒の際、引っ越し業者さんに支払った費用は下記にバーンと載せています!

 

繁忙期の3月、時期は新卒が引っ越しをするまさにその時でした。

京都から名古屋 時間指定なしの混載便!

新卒の私が、引っ越し会社さんにお支払いしたのは6万9000円です。

 

内訳:

 

ダンボール:15箱

白物家電類:冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・トースター

家具:中型チェスト・テレビボード・ベット・デスク・椅子

その他:掃除機・スキャナ・液晶(34インチ)

 

ダンボール・ガムテーム・布団袋・衣装ケース(全部で40着分)など

全て引っ越し業者さんが用意してくださったので、そういった荷物の梱包は安い費用抑えることができました。

ちなみに、電話で見積もりをした際にはじめの見積もりで提示された料金は8万9000円

 

今回の私のケースを見て頂いてもわかりますが、引っ越し業者さんって実はお電話で安くなることが多いんです。