読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒による新卒になる方へ送る新卒引っ越しの一人暮らしにかかる費用や荷物、手続きなどを載せた新卒引っ越しブログ

新社会人・新卒になる貴方のために 引っ越しの不安を解消し費用を削減するポイントをお伝えします

新卒の新卒による新卒のための引っ越しガイド!費用も荷物も手続きも引っ越し後の贈り物もここで解決!!

新卒が引っ越し後にしなければいけないこととは・・・?


新卒として引っ越した後はしなければいけない手続きが存在します。
引っ越したらそれで終わり!という訳には行かないのです。。。

ということで、今回は引っ越し後にしなければいけない手続きについて解説をしていきます!

引っ越し前後にやらなければいけないこと

引っ越し以外で、引っ越し前後にしなければいけないことは沢山あります。
引っ越し後にやらなきゃいけないこと一覧

引っ越し後~14日以内にやること - 引っ越しやることリスト!

…とても多いですね!

重要なのは引っ越し後14日以内にやらなければいけないことです。
その中でも新卒が引っ越したときに関係のあることをピックアップしていきます!

 

新卒が引っ越し後14日以内にやらなければいけないこと

新卒が引っ越し後14日以内にやらなければいけないことは、大きく3つに分けられます。

  • 役所で行う手続き
  • 免許証や自動車関連の手続き
  • 生活に関する手続き

それでは、それぞれについて取り上げていきましょう!

新卒が役所で行う手続き

新卒に限らずですが、引っ越し後に最優先で行わなければいけないのが役所での手続きです。
役所での手続きを先に行わないと、他の手続きで必要な書類が用意できなかったりします。

新卒が引っ越し後に役所で行う手続き


転入届の提出と住民票の取得

新卒として新しい場所に引っ越しした後は、転入届を提出して住民票の取得をする必要があります。
この時、引っ越す前の役所で転出届をもらって持ってくるのを忘れないように!ただし、同一市内での引越しであれば転居届になるので、新卒でも他の都道府県に引っ越しするのではない人は注意してください。

印鑑登録

印鑑登録は14日以内でなくても行うことは出来ます。
新卒の方であれば、印鑑証明が必要な場面はほとんどないため慌ててする必要なありません。

 

新卒がが引っ越し後に役所で行う印鑑登録

国民年金国民健康保険の登録

新卒の方であれば、国民年金は学生ということで免除されてきた方がほとんどだと思います。しかし、新卒として働き始めるのであれば、年金を払っていかなければいけません。忘れないようにしましょう。
逆に、新卒の方の大半は国民健康保険は一応程度の申請になります。何故なら正社員となった新卒の方であれば社会保険に加入するからです。形としては一瞬国民健康保険に入り、すぐに社会保険に切り替わる形となります。

新卒が引っ越し後に役所で行う国民年金と国民健康保険の登録

参考:年金に加入している方 これから加入する方|日本年金機構


新卒が行う生活に関する手続き

生活に関する手続きといえば、電気・水道・ガスですね!これらの手続きをしないと、引っ越しした後にまともに生活できません。新卒の方であれば多少の無茶は出来るかもしれませんが、引っ越しした後はすぐに終わらせましょう。

電気・水道・ガスは郵送で支払い方法が変更可能な書類が支払い用紙と共に届くため、さっさと手続きをしてしまいましょう。

 

新卒が引っ越し後に行う電気・水道・ガスの手続き

 

新卒が行う免許証や自動車関連の手続き

新卒の方には関係がないことが多いですが、免許証や自動車関連の手続きには住民票が必要となります。

免許証の住所変更の手続き

新卒の皆さんは各地域にある警察署や免許証更新センターにて免許証の住所変更を行えます。
手続きには免許証と印鑑と新しい住民票が必要となります。

新卒が引っ越し後に行う免許書の住所変更

 運転免許の住所変更手続き
自動車やバイクの住所変更の手続き

新卒の方にはほとんど関係ないと思いますが、自動車やバイクを引っ越しして持っていく場合は変更手続きが必要になります。

新卒が引っ越し後に行う自動車やバイクの住所変更の手続き

annai-center.com

 

 

新卒の引っ越し!一人暮らしをする際に、近くにあると便利な施設一覧!

 

新卒さんが引っ越しを終え、いよいよ始まる新生活!

あると便利、ないと物足りない…?今回は一人暮らしさんが近所にあると便利な施設の紹介をします。

物件サイトでも引っ越し先の住所の付近の便利な施設が建物ごとに紹介されていると思いますが、ぜひ家選びの参考にしてくださいね。

 

新卒 引っ越し 一人暮らしのお供!第5位!

新卒必見 引っ越し後あってよかったもの★図書館<

図書館

図書館なんて使う?と思うかもしれませんが、社会人にとって本は大切なパートナーです。新卒さんもこれから沢山の本を読み、学びを得ていくことが必要になるでしょう。

でも、本って意外と高いんですよね。新卒の時期は何かとお金が入用ですから、こういった施設はフルで使っていきましょう!

 

新卒 引っ越し 一人暮らしのお供!第4位!

新卒必見 引っ越し後あってよかったもの★図書館<

医療施設

こちら、新卒さんで一人暮らしされる方にとって、とっても大事な施設ですね。

体調が悪くても、誰も世話をしてくれない…

一人で病院に行かなきゃならないのに、病院がやたら遠い…となったら大変です。

必要以上に近くにある必要はありませんが、ある程度医療施設の整っている土地に引っ越せると良いですね。

 

新卒 引っ越し 一人暮らしのお供!第3位!

新卒必見 引っ越し後あってよかったもの・郵便局

特に、区を仕切っているような大きな郵便局が近くにあると便利便利…

車がない新卒の一人暮らしさんにとって、郵便局までの距離は非常に重要です。

近ければ近いほど便利ですよ。

 

新卒 引っ越し 一人暮らしのお供!第2位!

コンビニ

 24時間お店がやっているだなんて…

 新卒の、特に初めて一人暮らしをする人にとってコンビニは本当に心強い存在です。

 新卒さんの一人暮らし、何が起きるか不安でいっぱいだと思いますので、コンビニは確実にチェックしておきましょう!私も何度もコンビニに助けられています…

延長コードがコンビニに売っているだなんて…セブンイレブン、ありがとう…

 

新卒 引っ越し 一人暮らしのお供!第1位!

スーパー

 新卒さんの一人暮らし、どうしても出来合いのコンビニ弁当に頼ってしまいたくなるかと思いますが、本当に新卒さんの生活を支えてくれるのはスーパーです。

 非常に安い価格で美味しい食材が買えますし、トレー回収・ペットボトル回収をしてくれるのもスーパーの良いところですね。

 また、荷物を送りたい時に、ダンボールをスーパーから持ってくることもできますので、ますますスーパーの存在は捨てがたい!

 

 欲をいうと、2,3店舗スーパーが近い距離に立っている地域は、商売競争でセールが頻繁に開催されるので、うまく使えばかなり節約できるかも…?

 

新卒 引っ越し 一人暮らしのお供!確認しておきたい周辺施設!

新卒さんの引越し先から最寄り駅までの時間

徒歩何分か、一度歩いて確認するのがおすすめ

新卒さんの引っ越し先から最寄り駅からの通勤の便利さ

始発・終電、出勤時間帯の本数はチェックしておきましょう

新卒さんの引っ越し先付近の駅前駐車場

車を持っている方は、駅周辺の駐車場のチェックもかかせません。

友人が来た時にも案内できるようにしましょう。

 

新卒 引っ越し 一人暮らしのお供!私の独断と偏見

ビデオレンタル店

 一人暮らしの醍醐味といえば~~~~

夜の映画鑑賞会!(個人でも複数でも)

私は映画が大好きなので、とにかくビデオレンタル店さんが近い家に越しました。

参考までに…

 

 

geo-online.co.jp

 

 

【新卒目線】一人暮らしの引っ越し先の新居でもらって嬉しいプレゼント!FOR新卒の家族、友人

新卒の引っ越し一人暮らし

 

引っ越しして春から新居で一人暮らしをする新卒の友人、家族、知人がいる皆様。

もしかしたら、何か新卒引っ越し祝い、一人暮らし祝いに何かプレゼントをしようかな?と考えている方も多いのではないでしょうか?

というわけで今回は、つい先日まで新卒だった僕目線で引っ越し先でもらって嬉しいプレゼントをご紹介します。

 

新卒目線、一人暮らしの引っ越し先で使えるプレゼント【便利編】

新卒の僕がもらって便利だと思った新卒の引っ越し先の一人暮らしで使える新生活グッズを

ランキングにしました。まずは新卒目線、一人暮らしの引っ越し先で使えるプレゼント【便利編】です。

第三位
タオルセット(新卒の引っ越し一人暮らしにはありがたい!)

何かとモノがいりような新卒の引っ越し一人暮らしにとってタオルのような数のいるものはどれだけあっても困らないし、新卒の引っ越し一人暮らしのお財布にもやさしいので、費用面でもサポートしてあげることが出来ます。

 

第二位
洗剤、その他消耗品(すでにある程度モノのそろっている新卒の引っ越し一人暮らしにはありがたい!)

すでに荷物がある程度ある新卒の引っ越し一人暮らしにとって洗剤、その他消耗品といったものは、実用性があり、なおかつ邪魔にならないのでどれだけあっても困らないし、新卒の引っ越し一人暮らしのお財布にもやさしいので、費用面でもサポートしてあげることが出来ます。

 

第一位
ギフト券(新卒の引っ越し一人暮らしにはありがたい!)

とにかく金があまりない新卒の引っ越し一人暮らしにとってギフト券、あるいは現金は暮らしをとても楽にしてくれました。(筆者体験)それこそ本当に新卒は四月のお給料が入ってくるのは五月末の方が大半なので、僕自身初任給をもらうまで、金銭面で非常に苦労する新卒引っ越し一人暮らしを体験しました。新卒の引っ越し一人暮らしのお財布にもやさしいので、費用面でもサポートしてあげることが出来ます。

以上が新卒目線でのもらって嬉しいプレゼントランキングでした。

春から一人暮らしをする新卒の友人、家族、知人がいる皆様、参考にしていただけたら幸いです!!

 

新卒がオススメする、新生活を迎える新卒への便利グッズ!

こんにちは!

本日は、実際にこの4月から新卒として新生活を迎えた私から実際に買ってよかった便利グッツを3点紹介します!!

 

新卒必見!新卒へ送る、新卒が選ぶ、引っ越し後あって便利なゴミに関する便利グッズ!!

私は新卒として、引っ越し後の新生活を送る中で一番困ったのがゴミ問題です、、、、

新しい土地で、分別の仕方もわからないし、捨てるとこもわからない!そんな生活を送っていたらいつの間にか、部屋の中がゴミだらけに、、、

新卒の人は、朝早く会社に行くと思うのですが、急いでるがあまりにゴミを出し忘れることも多いと思います。しかし、1週間ゴミを捨て忘れただけで、どんどん溜まっていきますよね、、

そんな時にオススメの商品はこちら!

 

新卒による新卒に向けた引っ越し費用を削減する方法

ダストボックスです!ベランダにダストボックスを置いといて、すべてのゴミを外で管理するのが一番楽です!

見たくないゴミの管理はすべて外でしましょう!

実際に私はこのように備え付けてます。

新卒による新卒に向けた引っ越し費用を削減する方法

私が買ったのは、ニトリのダストボックスでかなり安くて使いやすかったです!

よかったら買ってみてください!

私ももう一つ買う予定です、、、

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/キッチン用品・食器/分別ダストボックス・ごみ箱/8450797s

 

新卒必見!新卒へ送る、新卒が選ぶ、引っ越し後あって便利なクッションに関する便利グッズ!!

新卒の私が次にオススメする引っ越し後の便利グッズは、マシュマロクッションです!

新卒による新卒に向けた引っ越し費用を削減する方法

新卒のみなさんも共感できると思うんですけど、やたらクッションをかってしまうこと

ありませんか?

そんな新卒のみなさんは、いろんなクッションに出会うと思うのですが是非マシュマロクッションを買ってみてください!

なんとも言えない肌触りに病みつきになること間違いなし!

実際にこんな感じでベットの上に置いてます!

新卒による新卒に向けた引っ越し費用を削減する方法

 

ちなみの私が買ったのは、ニトリのマシュマロクッションです!

 

さすがお値段以上です!色のバリュエーションも豊富で、サイズも選べました!

よかったら買ってみてください!

https://www.nitori-net.jp/webapp/wcs/stores/servlet/ProductDisplay?catalogId=10001&langId=-10&storeId=10001&krypto=ixtggffy050SHaDGxryH4jFYcdgoQeXHLu4FPZGXGRueLLw2goz%2BAEKCPhkq%2B1z2wO%2BSg9OnXfBUZWwJEENlUT6rusz8HjRb9IkHb7I7jQFlHggrTPIVYA7wfrtG65bB

 

新卒必見!新卒へ送る、新卒が選ぶ、引っ越し後あって便利な洗濯に関する便利グッズ!!

 最後に私が新卒へ紹介する引っ越し後の便利グッズは、簡単洗剤ジェルボールです!

新卒による新卒に向けた引っ越し費用を削減する方法

 新卒の皆さんなら、共感していただけると思うのですが、洗濯が大変面倒です。

洗剤を入れて、柔軟剤をいれて、こぼして、汚れて、、この繰り返しですよね!

そんな新卒の私は、引っ越しを機に第三の洗剤ジェルボールに変更しました!

使ってみた感想は、かなり便利!費用面から見ると少し高いですが、手間がかからないのでお勧めです!

Amazon.co.jp:アリエール パワージェルボール つめかえ用超特大サイズ 874g (36個入り):ドラッグストア

 

本日はこれぐらいで!

また今度!

 

 

 

新卒引っ越し!一人暮らしから一人暮らしにの引っ越し費用体験談!

f:id:itomita:20160519124301j:plain

大学四回生、一人暮らしをしていた私が新卒として京都から名古屋まで引っ越しをした体験談をお話します。

新卒のみなさんにも、新卒ではない皆さんにも、少しでも参考になればと思います。

 

 

新卒!大学生から社会人に!

一人暮らしから一人暮らし!お引っ越しが必要?

 私が新卒として内定を頂いた会社は、名古屋に本社がある会社で、新卒社員は全員が本社での勤務が決まっていました。当時京都に住んでいた私は、新卒という機会に引っ越しをして一人暮らしをしなければなりませんでした。

 

そこで困ったのが荷物量!

 

新卒として働くためのお引っ越し!一人暮らしの荷物量を舐めていた!?

 新卒として働く際の引っ越しと、大学生での引っ越しでは荷物量が全然違います。 

大学生になる際に、一人暮らしをするめ、実家から引っ越しをした時の荷物はダンボールたった4箱。(家電も家具も全て京都で購入しました)

 もちろん引越し業者は使わず、荷物のあまり入らない自家用車(レガシー)にダンボールを乗せ、殆ど身一つの状態で一人暮らしをスタートさせたのです。

 

 それがなんと、いざ引っ越しをしようと荷物を詰めてみたら書籍だけでダンボー12箱になっていました。

 私の通っていた学部は何かと参考書が必要でしたので、本は貯まる貯まる…

 

 友人から貰ったお土産や、ちょこちょこと買い足していた洋服、全てが嵩張ってダンボールに入らないのです。

 

 

新卒を前に、気持ちを一新!

一人暮らしの引っ越しに備えて捨てる勇気を持つ!

 

 荷物が入らない?じゃあダンボールを増やせばいいじゃない!そんな風に感じる方もいらっしゃたかもしれませんが、そうは問屋がおろしません。

 荷物は増えれば増えるほど、引越し費用は高騰するのです!

 新卒での引っ越し。何かと物が入用になってくるのは目に見えているのですから、なんとしてでも費用を安くしたい!

だとするならば、することは一つ、荷物を減らすのみ!

 

 使ってないけど使えそうなもの。買ったけど着ていない服。引っ越しをすると冷蔵庫に入れっぱなしにできず、傷んでしまうような調味料。そういったものは売るよりもまず、全て友人に貰って頂きました。

 

 そして、行く宛もなく、使う見込みのない服や書籍はすべてリサイクルショップに持って行きました。

 

新卒生活には使わない、意外と高く売れる教科書!

 新卒生活では使わない、教科書類は意外と高く売れます。大学で使うような資料は写真が多く、価値の高いものが多いです。ちょと懐かしい漫画や雑誌が10円や5円で引き取られていく中、教科書の平均買い取り価格は300円~500円。

 たかが500円?と思うかもしれませんが、ちりも積もればなんとやら…

最終的にBOOKOFFで総額5,000円以上の買い取り金を頂くことができました。

 教科書なんてもう使わなしな、と捨てがちになるかもしれませんが、ぜひ皆さんも一度は古本屋さんに持って行ってみてくださいね。

 

 ちなみに、洋服はブランドも含め20点ほど売って、240円でした……

 

新卒一人暮らし生活のため、いざ引っ越し会社にお見積り!

 引っ越し後の新卒生活に必要ない荷物も随分減らし、なんとかダンボール15個に収められる程度に収めたところで、引っ越し会社さんにお見積りを頼みました。

 実はお見積りを頼む前の段階でも値段や荷物量について下調べをしていたので、たくさんの会社に見積もりを依頼する、というよりは値段だけ確認してすぐ予約、といった流れでした。

 その時使用したのは下記の予約サイト

hikkoshizamurai.jp

 

 見積もりサイトではないので、見積もりボタンを押したら一斉に何社からも電話がかかってくる!といったこともなく、お願いした業者さんとだけご連絡を取らせて頂くことができます。

 

 ちなみに安いと噂の単身引越しパックですが、

 ベットやタンスなど、大型の荷物があるだけで使えなかったり、使えたとしても通常の引っ越しパックと同じ値段まで引き上げられてしまうので要注意です。

 大型荷物のない方はぜひ、単身パックでお見積りしてみてくださいね!

 

www.nittsu.co.jp

 

 また、個人的におすすめなのはトラックの貸し出しお引越しで、運転手とトラックのみの貸し出しで、荷物の持ち運びは全て依頼者側がすることになります。

 一見手間がかかるように見えますが、通常であれば6万円はかかる引っ越しであっても2万円で済む可能性もあるようなお得な引っ越し方法なんです。

 力自慢の方やそういった友人が多い方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

新卒引っ越しに実際にかかった費用って?一人暮らしの荷物量は?

ここにきてようやく新卒引っ越しでの費用と荷物量ですね。大変お待たせしました!

私が新卒の際、引っ越し業者さんに支払った費用は下記にバーンと載せています!

 

繁忙期の3月、時期は新卒が引っ越しをするまさにその時でした。

京都から名古屋 時間指定なしの混載便!

新卒の私が、引っ越し会社さんにお支払いしたのは6万9000円です。

 

内訳:

 

ダンボール:15箱

白物家電類:冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・トースター

家具:中型チェスト・テレビボード・ベット・デスク・椅子

その他:掃除機・スキャナ・液晶(34インチ)

 

ダンボール・ガムテーム・布団袋・衣装ケース(全部で40着分)など

全て引っ越し業者さんが用意してくださったので、そういった荷物の梱包は安い費用抑えることができました。

ちなみに、電話で見積もりをした際にはじめの見積もりで提示された料金は8万9000円

 

今回の私のケースを見て頂いてもわかりますが、引っ越し業者さんって実はお電話で安くなることが多いんです。

 

 

 

新卒必見!一人暮らしをする新卒に役立つ引っ越しの情報

新卒必見!役立つ引っ越しの情報

新卒・新社会人になるあなた

引っ越しに備えて、役立つ情報が一つでも欲しいですよね!

なんでもいいから、一人暮らしや引っ越しが楽になる情報、安くなる情報が欲しいですよね。。。。

そこで今回は、新卒の皆さんにオススメの引っ越し情報サイト・引っ越し費用見積もり比較サイト、上位3選をお届けします!

【オススメの引っ越しサイトは。。。?】

今回は、お客様満足度の高い引っ越し業者を新卒の皆様に紹介させていただきます!

まずは、3位から発表します!

 

3位

イナミ引っ越しセンター 

お客様満足度がかなり高い引っ越し業者です!

口コミとして、

仕事の都合で何度か引っ越し日の変更がありましたが、丁寧に対応してくれました。電話やメールで引っ越しに関する問い合わせにも親切に応答してくれました。 引越し当日は作業員3人でスムーズに行っていました。また、まだ経験が浅い人(アルバイトの人)にも先輩が指示して、上手く作業がすすむようにしていました。単身の引っ越しで、休憩も含めて4時間で終わりました。 新居のカーテンや洗濯機の設置をしてくれて助かりました。レイアウトの変更にも対応してくれて良かったです。

などがあります!

新卒一年目の新生活のスタートとして、かなり良さそうですね!

www.inami-173.co.jp

次に

第2位!

ハイ・グッド引っ越しセンター

創業20年の歴史があり、老舗の引っ越しセンターです!

口コミとして

時間厳守(遅れた時に、会社・運転手よりの連絡があった) 都度の連絡有(大凡の予定時間が事前に連絡有) 梱包・搬出、搬入が丁寧に早く行われた 見積までの問合せに丁寧に対応してくれた(担当者が決まっていた) 子供の就職に伴う借家からの引っ越しであったので、細かな荷物の状況が把握できていなかったが、親切な打ち合わせを行って頂いた。

などがあります!

www.highgood.co.jp

 

待望の第1位は。。。。。。

離党引っ越しレスキュー隊・中村引っ越しセンターです!

なんと、地域限定の引っ越し会社さんがここでランクインしました!

地域密着型で、しっかしとサポートしているんですね。。。。

口コミとして、

見積もりに来た方が親切で、私が転勤族だったため、見積もりの仕方や梱包の仕方を丁寧に教えてくれました。 また引越し当日も荷物の扱いが丁寧で、安心して任せることができました。 電話の応対をした人が不慣れなのかスムーズに話すことができなかったですが、アットホーム雰囲気で話しやすかったです。 非常に満足していますが、搬入の時間について連絡がなかったのが残念でした。しかし、繁忙期にもかかわらず要望に応えて頂けた所は素晴らしかったです。また引っ越す際は頼みたいと思います。

などがありました。

九州・山口/離島引越しレスキュー隊(中村引越センター)

 

 

【オススメの引っ越し比較サイトは。。。。?】

 次に、新卒になろうとしているあなたにオススメの引っ越し情報を見つけるための比較サイトのランキングをお教えします!

比較サイトもいっぱいあって迷いますよね、、、、

 

では、第3位から!

ズバッと引っ越し

200社以上の引っ越し業者から見積もりが取れます!

なので、比較的多くの会社から見積もりを取れる反面、、、、

クロネコヤマトと提携がありません!なので、他のサイトも見てみたほうがいいかもしれないですね!

 

 

 

次に第2位

HOME'S引越し

オススメのポイントとしては、HOME'S引越しから予約していただいたお客様限定で、様々な特典があることです!!

せっかくならお得な特典が欲しいですよね!!

しかしながら、提携会社さんが少ない・・・・致命的ですけど、使う分には問題ありません!

https://www.homes.co.jp/hikkoshi/

 

それでは最後に、、、

 

 新卒の皆さんにぜひともオススメしたい

 

堂々の第1位は、、、、

引越し侍

引越し業社数、利用者数ともに文句なしですね!

その他のサービスも充実しており、ウォーターサーバーなんかも契約できちゃいます!

https://hikkoshizamurai.jp

 

いかがですか?いろんなサイトを使ってみてください!

 これらの引っ越し費用見積もりサイトが、さまざまな不安をかかえる、新卒になる皆さんの一人暮らしの助けになれれば幸いです。

【新卒準備】安い費用で引っ越し。一括見積サイトでサクッとお得に引っ越ししよう!

新卒引っ越し費用サンプル一人暮らし20160515

 

 

 

 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

こんにちは!

今日は新卒1年目の私や自分の周囲の多くの人が安い費用で引っ越しをするため実際に使っていた

「引っ越し一括見積サイト」

以前の記事でも軽くご紹介したのですが。

これがとっても便利でお得で安いので今回はこれから新卒となる皆さんにも詳しくお伝えします!

 

引っ越し一括見積サイトって?費用が安くなるの?

間違いやすいのですが、引っ越し費用一括見積サイトは、引っ越し業者ではありません。

 

通常引っ越しの見積もりを取得する場合は、お願いしたい引っ越し業者に電話、メールをして費用見積もりをお願いしなければいけません。しかし、この方法では複数の引っ越し業者に予算見積もりをお願いしたい時に一軒一軒問い合わせしなくてはいけません。何かと忙しいこれから新卒になる皆さんにとって、これってとっても面倒ですよね。

ですが、引っ越し予算一括見積もりサイトなら、たった1度

 

①いつ引っ越しするか

②現住所

③引っ越し先のエリア

④運びたい荷物、家具

⑤電話番号、PCメールアドレス

 

等を入力するだけで、複数の引っ越し会社から見積もりを集めて一覧にしてくれるので、大幅に時間が節約できるとともに複数の見積もり結果から一番安い引っ越し会社を簡単に選ぶことができます。

 

今回新卒の皆さんにおすすめする引っ越し費用一括見積もりサイトは「引越し侍」です!

hikkoshizamurai.jp

 

引っ越し費用一括見積もりサイトは他にもいくつかありますが、こちらの「引越し侍」は運営が東証一部に上場している企業なので、安心して利用できますね。

電話口では面倒な間取りや移動距離の説明、荷物の種類や数も簡単操作の入力フォームで楽々見積もりできちゃいます!↓↓ 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

 

新卒向け引っ越し予算見積もり表

 

費用を安くしたいのに、余計な費用がかからないの?

引っ越し予算一括見積もりサイトを使うことでお金を取られることは一切ありません。

完全に無料でした!! 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!! 

さらに現在「引越し侍」では新生活応援キャンペーンとして引っ越し完了後のアンケートに回答すれば、合計3名に引っ越し料金が最大10万円キャッシュバック!というキャンペーンもやっているようです。これはぜひ当てたいですね・・・!

ダブルチャンスキャンペーン!~引越し代金最大10万円キャッシュバック~ | 引越し予約・一括見積もりサービス

 

あとは、わずらわしい会員登録もないですし、いつでも24時間インターネットで申し込み可能です。なので、大学の講義に卒論に就活に遊びに・・・と、とっても忙しい大学生4年生の次期新卒の皆さんでも空いている時間で簡単に見積もりできます。

まとめ 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

今回紹介した「引っ越し予算一括見積もりサイト」、もし周りに引っ越しを考えている次期新卒の友人がいらっしゃったら是非共有してあげてくださいね。

費用も労力もとってもかかる引っ越しですが、便利なサービスを駆使して素敵な新生活、一人暮らしを迎えましょう!!

 

http://blog.hatena.ne.jp/itomita/etomy.hatenadiary.jp/config

【新卒準備】費用を削減できる引っ越し時期っていつなんだろう?

 

一人暮らしをする新卒の引っ越し費用

 

 

新卒のみなさん、ほとんどの方が引っ越しを予定していると思いますが

引っ越しの予算については検討していますか?

 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

 

新卒入社まもなくは初任給までのお金のやりくりに苦労がいっぱいです。

そんな新卒初月の暮らしを少しでも楽にするためには、やはり引っ越しの費用を

抑えることが重要ですね!

 

今回は、引っ越し費用を軽減する、お得な時期についてお伝えします!! 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

 

初期費用がない新卒の新生活にとって、引っ越し費用はとても高額なのでお得に格安で済ませたいのではないでしょうか。もし、今新卒のあなたが引っ越し日を自由に選べるのであれば、引越し料金を格安に出来るかもしれません!

 

なぜ引っ越し費用が安くなるの?

なぜ、引っ越し業者は特定のシーズンになると、引っ越し費用を割引して安くしてくれるのでしょう?

 

その答えは、引っ越し業者が『トラック、スタッフを持て余している』からです。

  新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

 

トラックやスタッフが会社で待機しているぐらいなら、多少料金を下げてでも仕事を取るほうが、会社にとってもメリットとなるのです。

 

  新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

じゃあ何月に引っ越しすればいいの?一人暮らしをする新卒の引っ越し費用

では何月に引っ越しすればいいのでしょうか。引っ越し料金が安くなるのは、引っ越しをする人が少ない時期です。

つまり、みんなが引っ越しする時期をはずせば、引っ越し料金を割り引きしてもらえる可能性がグッとあがるのです。

 

では引っ越しが多い時期を見てみましょう。

 

3・4・8・9月

卒業、入学、就職(新卒で入社)、転勤、新生活etc…

このシーズンは引っ越し業者にとって最も忙しいシーズンなので

平常時よりも料金が高額で損な時期です!

 

次に引っ越しが少ない時期を見てみましょう。

 

1・5・6・7・11・12月

この時期は、人の移動が少ないため

平常時よりも料金が安いお得な時期です!

 

2・10月

この時期は、少し特殊です!

どちらの月も、繁忙期と閑散期の変わり目なので、上旬と下旬で費用に差が出る可能性があります。

1人暮らしをする新卒の引っ越し費用

 

 

 

【結論】 新卒にオススメする引っ越し月

ここまでのポイントを踏まえて、新卒の皆さんにオススメする引っ越し月はズバリ

1月~2月上旬です!

閑散期のため引っ越し費用が抑えられるとともに、4月いっぴの入社までにゆとりがあるので、万全の状態で新卒一年目の社会人生活に望めるでしょう!

 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

 新卒!新卒!!一人暮らし!引っ越し!引っ越し!!

 

 

新卒の自力引っ越し体験談

新卒K.Kさんの体験談 費用面から見る引っ越し経験3回

<新卒 引っ越しに必要な荷物>

新卒が実家から引っ越しして一人暮らしする場合は、まず初めに自分の必要な荷物の選定が必要となります。

すべて持っていくのではなく、本当にほしい荷物だけを持っていきましょう。一人暮らしの部屋は狭いので、部屋がぐちゃぐちゃになります笑

そのときのお勧めとして、冬服、羽毛布団はできるだけ必要なときに実家から持っていくのがお勧めです。

コートや羽毛布団はかなり荷物になります。なので、実家を倉庫代わりにして必要なときに送ってもらいましょう。

また、知り合いのお勧めとして、思い出の品物を持っていくのも必用ですね!

一人暮らしは、想像以上に寂しいので、思い出に浸って懐かしむのもいいですね!

生活品は現地調達にしましょう。

調味料や家具その他もろもろの荷物は、可能であればできるだけ現地調達がお勧めです。


一人暮らしから一人暮らし
3月以上使っていないものは捨てましょう
ちなみに新卒1年目の僕は、3回目の引越であったのでかなり荷物の量を減らしてスムーズな引っ越しをしました。

 

<引っ越し方法>

私の引っ越しの方法はハイエースで、すべて荷物を詰め込みました。

9畳ぐらいの部屋の荷物で、セミダブルベッド、冷蔵庫、洗濯機が大きな荷物でした。

一ミリも隙間なく埋め込みました。

新卒 引っ越し 費用節約

 

<引っ越し費用>

私の引っ越しの費用は

移動距離合計200キロ

高速代17000円

ガソリン4000円

合計21000円

 

<新卒 引っ越しを自力でするメリット>

新卒が引越しを自力でするメリットとして、今回は急遽、3月から新卒研修があったため急ぎの引っ越しでしたが、自分で行ったので好きな予定を立てることができました。

また、車が狭いため、強制的な荷物の断食ができてよかったです。

また、両親に手伝ってもらったので新卒研修前に貴重な時間をすごせました。

 

<新卒 引っ越しを自力でするデメリット>

新卒が引越しを自力でするデメリットとして、天候が悪かったので、家具が汚れる事態に。。。。

天候が悪い日にはしないほうがいいですよ。

 

新卒の引っ越しにはどんな準備が必要になる?実際にかかった費用は?

引っ越しの方法が決まったら、次はいよいよ準備ですね。どんな手順で進めれば良いのか、私の新卒で引っ越した時の体験談を元にお伝えします。

 

今回は第一弾!

引っ越しの1ヶ月前から一週間前までの情報・ちょっとした豆知識をお伝えします。

 

新卒 引っ越し1ヶ月前 費用のチェックをしよう

引っ越し会社さんに見積もり

業者に引っ越しを依頼する方の4割はこの1ヶ月前から見積もりして費用のチェックを開始しします。

hikkoshizamurai.jp

 

 

一人暮らしの引っ越し相場は3万~6万円程

距離別の目安でいうと、下記の値段がオフシーズンのだいたいの価格です。

近距離 3~4万円前後

中距離 4~5万円前後

遠距離 6~7万円前後

 

因みに私は新卒の際、3ヶ月前から何度か見積もりをしていました。

(ちょっとした心配症です…)

 

一人暮らしの新卒さん 引っ越しに伴い、処分する荷物・家具のピックアップ

引っ越しは荷物が増えれば増えるほど、費用がかかります。ですが、新卒が一人暮らしをすると荷物は何かと増えてしまうもの。一週間前、2週間前に捨て始めても間に合うとは思いますが、この時期から少しずつ荷物を減らしていくと、後々楽になります。

 

物を捨てるのが苦手は人は、残すもの・捨てるものの選定を繰り返ししなければ、かなりの大荷物で引っ越すことになりますから、費用削減のためにも、1ヶ月前、2週間前、一週間前など、繰り返し減らすための時間を作り、物を減らしていくことがおすすめです。

 

また、処分する荷物や家具もそろそろ決めていきましょう!

ただ捨てるだけではもったいないので、ぜひ一度、リサイクルショップに買い取りのお願いをして、引き取ってもらえないか確認してください。注意して頂きたいのは、3月などの繁忙期は業者も多忙なため、1点だけの引き取りや買い取りそのものを取り扱わない場合があります。

ですので、可能な限り繁忙期は避けた上で、買い取り業者さんに連絡してください。ちなみに、大手の会社よりも近所の個人経営や中小企業の方がやや高めに引き取ってくれるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ココ、新卒さんが費用を削減するポイントです。

 

新卒 引っ越し2週間前 抑えた費用を活用?

引っ越し業者に依頼

新卒の方が見積もりをした中で、ここだ!と思った引っ越し会社さんに依頼の連絡をしましょう。

価格を比較したいなら下記のようなサイトがおすすめです。

 

hikkoshizamurai.jp

hikkoshi.suumo.jp

 

私が新卒で引っ越しをした時の費用・内訳を公開しますね!

時期は繁忙期の3月 京都から名古屋 混載便です。

引っ越し会社さんにお支払いしたのは6万9000円です。

 

ダンボール:15箱

白物家電:冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・トースター

家具:中型チェスト・テレビボード・ベット・デスク・椅子

その他:掃除機・スキャナ・液晶(34インチ)

 

引っ越し会社さんがダンボール・ガムテーム・布団袋・衣装ケースなどを全て用意してくださったので、そういった荷物の梱包は安い費用抑えることができました。

ちなみに、電話で見積もりをした際にはじめの見積もりで提示された料金は8万9000円

引っ越し会社さんは交渉次第かなり安い値段に変えてくれる可能性があるので、しっかり交渉しましょう。業者側も交渉されることを前提に高めの値段を見積もりしてくることもあるので

【予算】【希望の価格】【他社に伝えられた見積もり価格】

これらをきちんと伝えて費用をバッチリ削減しましょう。

俗に、引っ越しの業者さんは申し込み(見積もり)から引っ越しの期日までの期間があればある程、値引きに応じてくれるそうなので、新卒のみなさんも安い費用で引っ越しをするために、3月の引っ越しに向けて早めに申し込みしましょう!

 

また、私は事前に処分すると決めていた洋服ダンスを地元の買い取り業者さんに買い取って頂いたので、その分の費用を引越し代金に充てることもできました。

 

梱包資材を準備しよう

梱包資材の準備といえば、ダンボールやガムテープ、プチプチ

必要そうな梱包資材を揃えていきましょう。詰めれるもは詰めはじめてもいいかもしれませんね。

私が新卒で引っ越しをした際は、使わないであろう物(夏服や冬物の厚手コート)は2周間前の段階で梱包してしまいました。

また、大学時代に使用していた教科書・参考図書をまとめてBOOKOFFに持って行きました。かなりの数はあったのですが、5,000円近く現金として戻ってきました。

大学で使うような参考図書は特に価値の高いものも多いので、捨てずに古本屋さんに持っていくのもいいですね。

 

 

新卒 引っ越し一週間前 費用は殆どかかりません

引っ越しの一週間前、となると何かを支払うのではなく、やることといえば殆ど解約・住所変更の手続きでいっぱいいっぱいになります。私が新卒の時に引っ越しの準備で気苦労したのはまさにこの手続きに追われた一週間でした。

この時期にかかった費用というと、学友との別れを名残惜しんで毎晩飲んだり食べたりした食費でしょうか…

各所の解約手続き

各所の解約手続きではあなたの利用している契約によりますが

「ガス」「水道」「電気」「インターネット」「火災保険」

各所に電話し、解約手続きを行いましょう。

ハガキ、電話など解約方法は異なりますが、インターネットでお手軽に解約できるものもあるので、自分の契約・解約情報をしっかりチェックしておくと良いですね。

 

郵便物の転送届

郵便物の転送届けは、郵政のHPから簡単にできます。

1年間は今のあなたの住所に届いたものを一人暮らしの新居に届けてくれる、とっても便利なサービスです。

 

登録住所の変更・転出手続き

 

住所登録の変更は主に下記2点があるかと思います。

「クレジットカード」「銀行口座」

 

また、前の住所から異なる地域への引っ越しをする際には、転出証明書の発行が必要になります。こちらは役所での手続きが必要になるので、いつなら役所に行けるかを事前に予定していくのが良いかと思います。